行かふ年も又旅人也

なにか楽しいことないかな

Trick or treat

英語に関して、誤訳や誤った認識(少なくとも、僕にはそう思える)ものが結構あるので、それについて書きたいと思います。

まず初めに"Trick or treat"、ハロウィンでおなじみの言葉ですね。これを検索すると、こんなサイトにたどり着きます。

www.english-speaking.jp

【魚拓】あの有名なTrick or Treatの日本語訳は意訳だった!?本来の意味とは…/トリックオアトリートで学ぶ英語のニュアンス | 英語イメージリンク

f:id:Eat-Drink:20180122041502p:plain

このサイトによると、もともとは「このフレーズは元々 “Treat me or I’ll trick you.” なんです。「私をTreatしなさい。さもなくば、あなたをTrickするぞ」ってことですね。」なのだそうです。 んー、本当に?

まず大前提ですが、ここでいうTrickもTreatも名詞です。 trickは「いたずら」、treatは「お菓子」「ごちそう」とかそんな意味です。掛け声ですからね、これ。「いたずらするぞー、いやならお菓子よこせー」ってだけです。

あとこのサイトの「treatのコアイメージ」ってのも違うと思うんです。このサイトによると、 「treat のコアイメージは「人・モノが良くなるように扱う」です。つまり、基本的には「喜ばせたり、いい感じにしたりするための行為」を表しているわけです。」とのことですが、そうでしょうか? treatって、語源をたどるとhandleだから、「扱う」という意味であって、良くなるように、という含意は、そうであることも多いんですが、それが全てではないので、これをコアイメージとして持つのは必ずしも良くないんじゃないかと個人的には思います。辞書で最初に出てくる意味を見てみましょう。

www.collinsdictionary.com

少しわかり易くいじって書くと(実際にどう説明されているかはリンク先参照)、 "to handle something in a particular way"という意味が最初にくる意味です。つまり、「あるやり方で、何かを扱うこと」です。いいとか悪いとか、そういうニュアンスは必ず入るものではないんです。

あー、ずっと書こうと思っていた記事が書けてよかったです。前のHalloweenから気になってしょうがなかったので。検索結果に先ほど引用したサイトがかなり上位に来るので、誤解している人がたくさんいると思います。少しでもみなさんの参考になれば!